もこちょの生態

花の女子大生の時期を無駄に過ごしてしまいそうな人間の生態です。これでも一所懸命生きてます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

いつの時代も悩めるバディ

 何を書いてもよさそうな最終レポート。ファッションについて適当に書こうかなと思って借りてきた文献が、めっちゃおもしろい!

 ・『ファッションの世紀―共振する20世紀のファッションとアート』
 ・『ファッションと身体』
 ・『図説 ドレスの下の歴史―女性の衣装と身体の200年』

 1冊目は舞台衣装とか○○コレクション的なファッションを主に扱っていて、いろんな写真ありでおもしろい。2冊目はファッションを社会学とか人類学とかジェンダーとか、いろんな観点で斬った本。で、一番面白かったのが3冊目。近代から現代にかけて、西欧での女性下着の変遷を紐解いてるもの。ものすごいウエストの細さのコルセットを着けていたために、肝臓に肋骨が3本刺さって死んじゃった若い女の人の話とか、デコルテの見せ方とか、ブラジャーの誕生とか。写真もいっぱいで興味深いの。
コルセット

で、服装史としても面白い一方で、今も昔も変わらない(?)男性の「おっぱい願望」が垣間見られる。ルネサンス期のクレマン・マロの『美しき乳房』の詩はこんなかんじ。
「その乳房には薔薇も羞恥心を抱かずにいられない
その乳房は何よりも美しく
固くしまっている
しかも象牙の小球の
真ん中にちょこんとのってるのは
イチゴかサクランボ……
乳房は明らかにする
人の本性というものを
お前を見ると、手がむずむずする
お前を両手に包み
まさぐり、握りしめたくなる
しかしすっかりその気になって
お前に近寄るのはやめておこう
なぜなら、また別の欲望がわいてくるから」

コルセットについてはhttp://www.corset.jp/exhibi.htmに面白い写真がいっぱいあります。

スポンサーサイト
  1. 2006/07/18(火) 00:13:38|
  2. びよー|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2
<<精神年齢も大人ならいいのだけれど。 | ホーム | 距離はもう恨まねえよ>>

コメント

ファッション哲学なら

やっぱ鷲田清一ですかな!と思いますw
  1. 2006/<%
  2. URL |
  3. comment_month>/18(火) 07:53:59 |
  4. CHAKI #-
  5. [ 編集]

>chaki
鷲田さん!高校の教科書で出てきたよね~☆
  1. 2006/<%
  2. URL |
  3. comment_month>/18(火) 21:39:32 |
  4. もこ #-
  5. [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://wasser54.blog9.fc2.com/tb.php/378-c73a8642

もこちょ

10 | 2017/11 | 12
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。